いつか咲く小さな花
このブログはTW社のPBW「シルバーレイン」と「エンドブレイカー」のPCたちが日々の生活の中で思ったことや感じたことを綴るものです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
引退
誓「お疲れ様、リジェス」

リ「ああ。これでオレは最早、力を持たない人間だな」

誓「それも一つの選択だよ。キミは、いくつもある選択の中でそれを選んだんだよね?」

リ「(こくっと頷き)キミや、友となった者たちには悪いが…これがオレの道だ。この世界には、ゴースト以外にもどうにかしなければならない存在は多い……これからのオレの戦いはそれらと、それらから人を守ることだ」

誓「そっか。なら、僕はキミを応援しているよ。たとえ…遠く離れたって、僕らはパートナーであり、あの屋敷で生活を共にした家族だ」

リ「ふっ……菜々美君にも同じことを言われたな。キミら姉弟に出会えたこと、そして、この学園を訪れ、多くのものと友として知り合い、共に戦えたことは俺にとって幸せなことだ」

誓「本当、変わったね、キミは」

リ「それだけ、この学園での出来事をオレにとって意味あるものだった、ということだ」

誓「ん。じゃあ、リジェス」

リ「ああ、そろそろ行くとしよう。これからも能力者として戦うであろう我が友に、風の加護があらんことを」

誓「大丈夫、僕もキミも一人じゃない。この空の下にいるのなら、繋がっていられる。だから僕の友に、よき青空を」


そして……オレ達は、お互いの道を歩み始めた。


以下、背後からの言葉です。
続きを読む
スポンサーサイト
[2010/08/21 17:44] | リジェス | コメント(0)
| ホーム | 次のページ>>
プロフィール

冬木誓護

Author:冬木誓護
なりきりは苦手もしくは嫌いという方は見ることは推奨いたしません。
また同背後もわかってしまう、SRとEBのPC同士が顔を合わせることもありますので、それが嫌だという人も回れ右です。

コメントはSR・EBの関係者のみ許可します。御了承を。

イラストの権利と使用について

 この作品は、株式会社トミーウォーカーのPBW『TW2:シルバーレイン』用のイラストとして、冬木・誓護が作成を依頼したものです。  イラストの使用権は冬木・誓護に、著作権は各イラストマスター様に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。